fc2ブログ

CNCを使ってみたよ

こんばんは、最近CNCでアルミを削り出し始めるも、失敗続きで悶えてるもりけんです・・・


明日も削って、なんとか土曜に3.5kg位内で胴体を作り、チキチキにエントリーしたい。


<写真>
ゴルドとSuperR-Blue脚
先々週に来たSuperR-Blue脚とゴルドの比較 デケー!コレだけで2.7kgあるって、あと800g・・・。

折れたΦ2エンドミル
切り込み量早すぎて、3度目のアルミ切削で、いきなり折った。あれ?設定は師匠と同じはず・・・(→明らかに原因は、Φ2.0エンドミルでM2.0開けたことです。とりあえず、切り込み量を半分にした。)


初アルミ成功
5度目の正直!やっとうまくいった!



糧となったアルミとエンドミル
1~4回目。左から順。最初の2つはCut3Dの設定ミス。CutOutだけで良かったのだ。(1品なのに6時間超とか意味わかんない。)
右側は、CutOutにしたらけど、切り込み早すぎて折れた。半分の切り込み量にしてやったら、アルミがずれてたショック。
原因は、スピンドルが傾いていたことによる、テーブルの凸凹が、両面テープの接着面を減らしたこと。
傾き直して、面だししたら(クロスさせた)うまくいった↓

金尺はシンワ製!面取りうまうま

面出し

左側が、スピンドルが傾いていたときの面出し、右側は修正後の面出し。全面を縦に削ったあと、横に削る
(これってエンドミルに良くない削り方なんじゃないだろうか、えぐるように削るのがいいはず、押しつけちゃってる。)

USBCNCの画面
ちなみにUSBCNCの画面はこんな感じ。黄色い線が切削ルート



ファンのホコリ取りたかっただけなんや・・・
最近PCの調子が悪く、ファンの掃除をしようとしたら、気づいたらばらばらになってた。キーボードをはがす作業や、ネジロックで頭つぶれたネジをボール盤で削るとか、いみわからんことしてた。というか、そんな暇あったら、作業しろと・・・。


Φ1.0のエンドミルで切削するのは、強度的に心許ない。

Φ1でやってみた
腰Y軸の板金パーツ

切削面が汚い
Φ1.0のエンドミル使ったら、両面テープが刃先にまとわりついて、綺麗に削れなかった。



なんとか、NCの使い方も分かってきて、エンドミルも明日とどく手はずになっているので(シャンク径の関係で、Φ1.5のエンドミルが今日まで使えなかった)、明日から捗る!・・・はずだ!




仕事の合間にロボつくっちゃう社会人の皆さんがすごいことを常々感じているのであった。


ブラックロータスみたいな長いブレード状の腕を一考


ROBO-ONE21thが、9/1,2だそうで。インターンと被らないようにせねばな・・・
スポンサーサイト



アクセス累計
プロフィール

morikentiger

Author:morikentiger
東京理科大学一部無線研究部&Mice所属(←OBと部員の狭間
→院を卒業し、某企業でロボット開発を担っている。

二足歩行ロボットとマイクロマウスとその他色々で「多足のわらじ」を履いている

2013/5あたりで最高120kg超えした
減量中(2013/6/20木開始)
110kg→目標75kg(-35kg)

MAXから20kgの減量に成功したがリバウンドして元通りである118kg 2015/09/29火現在)

コンビニ通いしない程度の無理しない食事療法を開始
116.5kg 2015/11/19木
↓約1ヶ月後
112kg 2015/12/24木
↓約1ヶ月後(この間停滞期あり)
110.0kg 2016/1/29金 緩やかなので皮も戻り肌ツヤも良くなった

109.7kg 2016/2/18木 ついに110の壁を突破した!

2017-04-28Fri 4月の頭は124kgあったが、生活習慣を改善したところ、頭はスッキリし、身体は動くようになり息切れや発汗が正常レベルになり何の苦もなく我慢もせず自然と食事量が正常になり運動量が増えて楽しみながら毎日筋肉痛で、その結果体重は118kg(1ヵ月で6kg減)となり、2年前よりはるかにボルダリングできるようになっている(余裕がある)

2020-08-20Thr
体重は89.50kgまで落ちた。124kgから35kg程落としている。

2020-09-01Tue
体重:87.50kg

筋肉があるとロボットが捗る

ロボットは人生
→AIが人生になりつつある(本質は変わっていない)

2022年8月22日(月)
日付の表記も変わるんだな
体重は、84kgまで落ちたものの(−45kg)、現在は110kgを記録している。
やはり波が大きい。

今は、AI?アプリYUIの開発を行うプロジェクト「PROJECT-YUI」を組織し、活動しており、iOS版とAndroid版のアプリ「対話型ARアバターAI秘書YUI」をリリースしている。

<予言>
2024年12月9日(33歳9ヶ月)から2027年12月9日(36歳9ヶ月)の間に、爆発的な進化を遂げるだろう・・・。どうなるか楽しみである。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR